2020年06月04日

朝ボラ清掃スタート

昨年度も1・2学期に各学級1回ずつ行っていた朝ボランティア清掃活動(通称:朝ボラ清掃)を今年度もスタートしました。
今回は、3年生が先陣を切って、学校正門前(十三社神社前)のゴミ拾いや草むしりをやってくれました。
子供たちは、自分たちで考え「落ちているゴミがなければ草むしりをしてきれいにしよう。」と積極的に動いてくれました。
こういった積極性、自分で考え行動に移す力は、とても素晴らしいものですね。
2021年に延期されたオリンピック・パラリンピックでも、国民の「ボランティアマインド」の育成が望まれています。
「ボランティアマインド」とは、様々なボランティア活動を通して「社会貢献の意欲、他者を思いやる心、自尊感情を高めること」を育むことです。
今回子供たちが行ったことは小さな一歩ですが、この小さな一歩が積み重なり、地域の「ありがとう」につながれば「また頑張ろう。もっと新島をよくしよう。」の意欲につながります。また、そこから「誰かのために」といった周りを思いやる心や「わたしは必要とされているんだ。」といった自己肯定感や自己有用感につながっていきます。
10年後、20年後の未来は予測困難と言われていますが、社会は人同士のつながりでできています。
未来を生きる子供たちに「人とのつながり、社会とのつながり」のよさや必要性を味わわせながら、これからもよりよく生きる力を育んでいけたらと思います。
DSC_0008.JPGDSC_0001.JPGDSC_0005.JPGDSC_0006.JPGDSC_0007.JPG
posted by 新島小 at 09:19| 東京 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする