2020年05月15日

学校再開に向けて

連日続くコロナウィルス感染防止対策による臨時休業の中、子供たちが学びの場に戻ってきたときの準備を教職員で進めています。
先日は、学級園の土づくりや畝づくり、一部の植物の種まきなどを行いました。本来ならば種まきなどは子供たちと一緒にやりたいところですが、植物も生き物。ものによっては機を逸してしまうと育ちが悪くなってしまったり、思ったように学習が進められなくなってしまったりします。そのため、今回はやむなくこちらで行いました。
社会全体のデジタル化が進み、優れた映像教材やデジタル教材で学ぶことも容易な世の中ですが、「本物に勝るものなし」の言葉にあるように、実際に見たもの、触ったもの、行ったことは「分かったつもり」ではない本当の知識や知恵として蓄積されると思っています。
子供たちが、実際に見て、触って、感じられるものを、心の底から「分かった!」「なるほど。」とうなずけるものを用意できるよう、今後も畑にとどまらず、準備を進めていきます。
DSC_0007.JPGDSC_0008.JPG
posted by 新島小 at 09:24| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする